一般社団法人 大分学研究会

大分の魅力を多面的に明らかにして県内各地の観光・地域振興に資することを目的にしています

TEL.097-538-9731
FAX.097-538-9724

〒870-0021 大分県大分市府内町3-8-11

ニュース

第3回オンライン親子郷土料理講座の募集を始めました

10月16日(日)に標記講座をオンラインで開催します。

今回は、竹田市と豊後大野市の郷土料理を取り上げます。

講師は、大分市府内町「トモクローバー」の大久保智尚オーナーシェフです。

竹田市荻町の誇るトマトケチャップを始め大分県産のこだわり食材をお届けします。

前回は、締切日を待たずに定員に達しました。小中学生の子供がいればどなたでも参加できます。もちろん県外からの感化も大歓迎です。ご希望の方はお早めにお申し込みください。

詳しくはコチラ

2022姫島キツネ踊り体験を実施しました

9月10日(土)に姫島キツネ踊り体験を実施しました。島外から9名の子供たちが姫島村の子供たちと一緒に姫島村伝統のキツネ踊りを体験しました。可愛らしいキツネの化粧と衣装に保護者の皆さんも盛んにビデオや写真を撮っていました。その時の様子が大分合同新聞で報道されました。

第68回大分学研究会例会を開催します

第68回例会を9月24日(土)14:00〜に大分市コンパルホール304会議室で開催します。

今回の基調発表は、国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会会長の林浩昭会員が「世界農業遺産登録間も無く10年、何が変わったのか?」と題して行います。

依然として新型コロナの新規感染が続いていますので、感染防止のため会場は定員の半分以下の30名に制限して開催します。なお、ZOOMによるリモートでも開催します。コチラは制限はありません。

詳しくはコチラ

2022第2回オンライン親子郷土料理講座の受講申し込みを締め切りました

今年度第2回目の講座は、県南の料理です。

佐伯市のフレンチレストラン「ムッシュカワノ」のオーナシェフ河野辰也さんが講師です。

食材として佐伯市産の「ブリ」を事前にお送りします。県南の海の幸を使った郷土料理をご堪能ください。

定員に達しましたので募集を締め切りました

第10回しんけん大分学検定の受験案内が公開されました

今年で10回目を記念して、今回から「入門コース」と「マスターコース」に分けて実施します。

「入門コース」は基本的な問題を中心に100問を出題します。100点満点で60点以上で「大分学初級」に認定され、来年からは「マスターコース」を受験できます。

「マスターコース」は、過去のしんけん大分学検定で「大分学初級」以上に認定された方だけが受験できます。ヒヤリングや映像問題等のスペシャル問題を含めて120点満点で60点以上で点数に応じて「大分学初級初段」から「大分学上級名人」まで認定されます。

 

詳しくは、コチラ

第67回大分学研究会例会を7月23日(土)に開催しました

大分学研究会としては、12年目の最初の例会をコンパルホールで開催しました。

会場に22名、リモートで13名が出席しました。ホルトホール館長の是永幹夫会員が”慶念「朝鮮日々記」が伝えるもの”と題して基調発表しました。他に、合澤康就会員と藤井克展会員が関連はっpyぷしました。